インターネット

最新SEO情報、進化するGoogle

投稿日:

最近、SEO対策を取っているサイトが軒並みインデックス削除をされると言う状況になっています。最新SEO情報で進化するGoogleにどう対応すれば良いのか考えてみましょう。

基本的に検索上位に表示されるサイトは検索者にとって有益な情報があるサイトであると言うのが基本中の基本です。

意図的に検索上位表示を狙って被リンクを施していたサイトが今回のGoogleのスパム対策でインデックスが削除されると言う結果になっています。

これはバックリンクに関して、今までは自作のものはGoogleには分かりませんでしたが、今回からは分かる様になったと言う事です。

更にコピペをしている・コンテンツが充実していない・無駄にページ数が多い・タイトルと中身が違うと言うサイトも要注意です。

昨年からGoogleWebmastertoolに登録しているサイト宛に、不自然な被リンクを検出した事を警告するメールが届き始め、どんどんと審査基準が厳しくなっている様です。

今までのSEO対策は通用しなくなっています。

少し前からサイトのコンテンツを充実させ自然な被リンクを目指そうと言う動きもありましたが、今後は被リンク・タイトル・コンテンツ・更新頻度なども頭に入れて置かないと

痛い目を見ることになります。

私の周囲でも、今回のアップデートでサイトが飛ばされた人は多くいます。

相互リンク集も例に漏れずバックリンクとして検出されます。

ここでも不自然な被リンクが検出されると警告が来ます。

今までは、検出されなかったものが、どんどんと分かる様になって来ているGoogle、検索エンジン最適化をするためには

訪問者に有益なオリジナルのコンテンツが必要です。

検索エンジンの使命は、検索者にとって有益な情報を提供する事です。

私も相互リンクに登録していましたので、今後は反省して頑張りたいと思います。

皆さんの中で、まだ警告を受けてない段階の方も不自然な被リンクに心当たりがあれば、今のうちに外すことをお薦めします。

では、コンテンツの充実に邁進して行きましょう。

-インターネット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハワード・カーター生誕138周年、何をした人?

本日Googleはロゴを考古学者はハワード・カーター氏(英出身)生誕138周年記念デザインに変更しました。

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

[Ctrl] + D