子育て 役立ち情報

赤ちゃんの脳は触る事で発達する<発達科学>

投稿日:

新生児の脳の発達に「触れる」と言う事が大事だと分かりました。

京都大大学院教育学研究科の明和政子准教授(発達科学)達の研究で触覚の刺激が新生児の脳の発達に深い関わりがあると分かりました。

明和准教授は10人の新生児に帽子型のオリジナル測定器をかぶらせ脳活動を測定しました。

聴覚・視覚・触覚の3つで測定を行ったところ触覚刺激で脳全体が活動する事が分かったそうです。

赤ちゃんの体に触れる事が最も脳を活性化させるのでは?と明和准教授は話しています。

やっぱり、親子のスキンシップと言うのは大事なものなんですね^^
今回、科学的に研究されていますが、新生児に対して、「いないいないばあ」をしたり、たくさん触ったりしながら育てている事は、子供にとって必要な事であると言う根拠が証明された様に思います。

-子育て, 役立ち情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「ナップ・ヴァイーブ・プラス2」品薄状態、居眠り運転防止グッズここにあったw

「ナップ・ヴァイーブ・プラス2」補聴器型アラームが品薄状態になっているそうです。

「脚のむくみ」のメカニズム自分の脚が嫌!日本人女性7割の悩み

日本女性の7割の人が自分の脚がキライだ言いますが、脚のむくみが原因で夕方にパンパンに張る事に悩む人も多いのではないでしょうか。

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

[Ctrl] + D